「車一括査定」に出す

「車一括査定」に出す前の心構えとは


車の買替えを考えたとき、今所有している愛車は買い替え車の下取りに出すのが普通ですが、この記事を読んでいただいている貴方は賢く「車一括査定」をチョイスしたものと思います。通常ディーラーに下取りに出すより数段高く売れるのは間違いありません。

ここまでは間違っていません。

「車一括査定」のサイトもいろいろあって、どこにしようか迷っていることでしょう。
その前に、注意点がありますのでお話しします。

まず、売却する愛車の状態をよく観察してください。というのはボディーのキズや凹み、走行距離、そして自動車税の支払い状況、オプションの状態などです。これは、「車一括査定」に申し込む前にチェックしておかないと申込時の入力を間違えかねないからです。

申込時に入力を間違えると、最初の概算見積もりや相場よりも実際に見積もってもらうと安くなる可能性もあるからです。実際に車の情報を入力する場合は車検証を見ながらになる筈ですので、年式や型式などは問題ありませんが、走行距離や禁煙車かどうか、またキズや凹みの度合いなどはキチンと正確に報告しないと後々面倒になります。

ですから、間違い入力や虚偽の申告(走行距離や禁煙車など実際と違う)だけはしないでください。概算見積もりや相場を見て、思ったより大分高いと思って出張見積もりをお願いしたら、「それほどでもなかった」もしくは「思ったより安かった」ということになり兼ねません。

もう一つは、愛車のボディーのキズや凹みは修理しないで査定に出してください。仮に修理して出してもその分高く見積もってくれませんし、出費の分だけ損になります。というのは、査定する業者は修理工場を持っていてタダ同然に修理が出来るからです。

そして、査定に出す場合は車内車外とも洗車しておくのが無難です。ただし、ワックスがけまではする必要はありません。
実際に洗車したからと言ってその分高く買い取ってもらえるかというと、何とも言えませんが、査定する方も感情の動物です。綺麗に洗車してある車と泥んこの車を査定することを考えると、綺麗な方に点数を入れたくなるのが人情です。